すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

2015年秋アニメ初回感想まとめ


スポンサーリンク

2015年秋 ケイゾク確定アニメ

 

ケイゾク確定(※下に1話感想あり)

※星は10点満点(★★★★★★★★★★)で作品の評価ではなく、あくまでも期待値です。視聴ケイゾク作品は6点以上としています。

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 10点★★★★★★★★★★

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER 9点★★★★★★★★★

コメット・ルシファー 9点★★★★★★★★★

ヘヴィーオブジェクト 8点★★★★★★★★

対魔導学園35試験小隊 8点★★★★★★★★

コンクリート・レボルティオ ~超人幻想~ 7点★★★★★★★

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 7点★★★★★★★

落第騎士の英雄譚 6点★★★★★★

ワンパンマン 6点★★★★★★

おそ松さん 6点★★★★★★

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 6点★★★★★★

 

脱落(後に一気観する可能性あり。)

学戦都市アスタリスク 3点★★★

ヤング ブラック・ジャック 

スタミュ

ランス・アンド・マスクス 5点★★★★★

Peeping Life TV シーズン1?? 2点★★

 

1期未見

ノラガミ ARAGOTO

蒼穹のファフナー EXODUS

緋弾のアリアAA

 終物語

 

『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』第1話「東京の魔女」

超人がいるなら超人を管理する組織があってもいいじゃなーい!ってことで、超人課の登場です。

面白かった。

魔女っ子の変身シーンが気合入ってて良かった。

神化41年の世界にさらっと神化46年を挟み込んでくるのが上手い!

 

『おそ松さん』

23分後、ようやく本作のオープニングが始まったと思ったら、謝罪してエンディング。

どとーのパロディで勢いで突っ走った23分間、おそ松さまでした!

で、調べてみたら、野々村号泣会見をパロってやらかした『銀魂』スタッフだそうで、

さすがわかってんなっ!!!

おそ松さん 第一松 [Blu-ray]

おそ松さん 第一松 [Blu-ray]

 

 

『ワンパンマン』

ワンパンチで相手を打ち負かしてしまう、という設定が縛りになっているので、今後どのような展開になるのか気になる。でも、ワンパンチで決着をつけられなければ、タイトルに偽りあり、となってしまうので悩ましいところ。

 

ヤングブラック・ジャック

冒頭数分でもーいーやー、ってなった。

いまさらブラック・ジャックでもないしなー。

うーん、興味が出てきたらまとめて見ればいいや。

 

 

『ランス・アンド・マスクス』

世界をうまくつなげられていない。

『現世騎士団』(ナイツ・オブ・ザ・ワールド)
 創設から九百年以上の歴史を誇り、国家に並ぶ主権団体として数多くの国々から承認を受けた騎士の国際組織。

登場する島国がこの組織の支配下にある、いわば独立した存在かと思いきや、突然日本としか思えないシーンが登場して最初の違和感を感じた。なぜなら騎士の国と日本のような国は別々に存在してるのかと思ったからだ。ところが後に、登場した島国は、決して騎士だけの国ではなく、日本のような国であることが判明する。つまり騎士団の組織は、単に日本のような国の中に存在しているだけなのだ。国家に並ぶ主権団体、なんていうから一つの島国を実効支配しているのかと思ったよ。ちょっと世界観がわかりづらい。
さて『ランス・アンド・マスクス』は、一人の騎士がよーじょを守る話である。ズヴィズダーみたいなもんだ。いや違うけど。でもよーじょかわいい。でもよーじょ以外、キャラ画の統一ができていないように見えた。女子高生をナンパするチンピラ、よーじょを奪いにくるチンピラ。どちらも画的にこの世界観には相応しくないように見えた。

今後の展開はあまり期待できないので、評判が良ければ一気観する。

 

 

『学園都市アスタリスク

「技名を叫んでから殴る漫画」のアニメ化では『血界戦線』が一応の成功を収めたし、最終話までは「技名を叫んでから殴るアニメ」として満足いくものだったので、ちょっとお腹いっぱいだなー。

第一話は、見たことあるわー、見たことあるわー、見たことあるわー、の連続で、全然引きこまれていかなかった。

これ、化ける可能性はないだろーなー。

 

『落第騎士の英雄譚』

話題通り、『学園都市アスタリスク』とほぼ同じだった。これがラノベのテンプレか・・・、と。

でもアスタリスクより落第騎士の方が面白かった。まるっきり同じことを描いているのに、面白さに違いが出てくるというのは、スタッフの力量の違いだろう。アスタリスクは画は良いのにストーリーがよろしくないし、どう盛り上げるかがわかってないような感じ。一方、この落第騎士は、テンプレをきっちりおさえてさらに丁寧にストーリーを仕上げてる印象を受けた。盛り上げるのも上手い。

ということで、落第騎士はケイゾクで。

 

Peeping Life TV シーズン1??』

アトム編我慢して流してたけどドロンジョ編で限界きた。

つまんね。声優の演技してない感じが鼻につく。

好きな人は好き、っていう視聴者を選ぶ作品。

でも、おいらはすごくつまらなく感じた。いじょ。

Peeping Life TV シーズン1 ?? Vol.1 [DVD]

Peeping Life TV シーズン1 ?? Vol.1 [DVD]

 

 

ヘヴィーオブジェクト

雪の中に埋もれたガンダムまだー!?

オブジェクトはまるで「ボール」のようだったので、いやこれどー考えてもガンダム待ちでしょ。早くガンダム出してよー、って思ってしまいました。ガンダム出さなくてもアクションアニメはできるんだけどやっぱりガンダムによる下駄というのは高いな、と。

パイロットはまたもやよーじょ。よーじょかわいい。名前覚えてないけど・・・。まあこのパイロットは綾波レイみたいな印象で、実は戦うアンドロイドでした、というオチでも一向に不思議はない。

画もいいしストーリー展開もいいし、1話目でのつかみはオッケー。ただ今期はオルフェンズあるから、ヘヴィーオブジェクトがどれだけ爪痕を残せるか期待。

 

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』

西之園萌絵というキャラに対し、

「こういう髪型のキャラは花澤香菜がやるもんだと思ってた。」

という海外の※に首肯した。

ちなみに、声を担当してるのは、種崎敦美さん、です。ぼくが大好きだった、鬼灯の芥子役でも有名です!!!

さて第一話。

いかにもノイタミナっぽいアニメでしたね。

で、先ず思ったのは、ドラマ版観なくてよかったわー、ということ。いやドラマ版も一話をちょこっと見たんですよ。でも早見あかりが真賀田博士を演じてて即座に再生停止ボタンを押しましたよ。もちろん主役のゴリ押し女優もダメでしたけど・・・。

そんな経緯があってアニメ版見たら、これサイコーじゃないですか。第一話ではまだ人物紹介くらいでしたけど、雰囲気と構成が見事でした。

西之園萌絵のウザデレも良かったです。

いじょ。

すべてがFになる -THE PERFECT INSIDER-(1) (KCx)

すべてがFになる -THE PERFECT INSIDER-(1) (KCx)

 

 

櫻子さんの足元には死体が埋まっている 1話

『ガリレオ』だよね?

『ガリレオ』でしょ?

骨に関する知識をひけらかしてくれる櫻子さんが好きならハマるんじゃないかな。正直、『ガリレオ』劣化版にしか思えなかったし、むしろなんでドラマ化しねえの、と思った。だってドラマなら1時間あるから、ひけらかしの時間がたっぷり取れるでしょ?

謎を解こうか、なんて意気込まれても、はーそうですか・・・、という反応しかできないし、もうちょっとゆっくり丁寧に櫻子さんの推理力を説明した方がいいんじゃないの?

あと、一般人が突然現場検証に乗り込んで追い返されないのはおかしいし、せめてもうちょっと強力な警察とのコネがあった方がいいでしょ。以前事件を解決した時に刑事と顔なじみになった、とかさ。

また制服警官が私服刑事に、櫻子さんのおじさんは有名だから櫻子さんの話も聞いたほうがいいですよ、とかアドバイスするの、変じゃね?現場の刑事からすれば、お前にそんなこと言われる筋合いわねーよ、ってなるだろ。

設定がいろいろ変だけど、興味は覚えたので様子見。

 

『対魔導学園35試験小隊』

 

エロすぎ。

ラノベ原作アニメでは当たり前なのかも知れないけど、女の子にぶつかって倒れた時に片方の手で胸を揉んでいる、というのはいい加減止めろよ、と。もう2015年だぞ。

 

主人公は刀をバカにされるとキレる、という欠点の持ち主で、蔑称「雑魚小隊」の隊長である。そこへ復讐に燃えるヒロインが投入され、シリアス方面へと話は進んでいく。20分間のストーリー構成は緩急がついていて良かった。異端審問官を養成する学園を舞台としているが、なぜか生徒がビルを破壊するような実戦へと投入されたりするので、学園ではなく対魔導機関に所属する一部隊という設定の方がいいと思う。高校生の男女がいちゃいちゃする学園ドラマを著書が描きたかった、くらいしか理由が思いつかないし。

転がりようによっては面白くなる要素があるので視聴ケイゾク

 

『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』

ハーレムもの。

庶民サンプルが一人って設定がもうダメで、せめて『監獄学園』と同じく五人くらいにしとけよ、と。

実世界を何一つ知らない、という設定なので携帯もスマフォも携帯ゲームも見たことがないお嬢様たち。そんな中、一人積極的に主人公に近づく女生徒がいた。その名も、天空橋愛佳、のちの「庶民部」創設者である。

未開の地から初めて日本を訪れてその文明の発達ぶりに見るものすべてが新鮮にうつる、という設定なんだろうな。だから、文明に関して無知なのはわかるけど学校なんだから勉強してるはずだし、ということは本だって読むわけだから、電車に乗ったことがありますか、なんて質問はあまり良い質問とは思えない。もっとトンチンカンな、そう実世界の庶民は江戸時代の庶民のような暮らしをしている、と思い込んでいる、みたいな方がいい。飛脚は3日で北海道から沖縄まで駆け抜けるって本当ですか?とか。明治でも大正でも昭和でも、お嬢様たちは時代錯誤な実世界像を持っていることを強調しないと、設定からして破綻してしまうので。

部屋を再現するのに1億円とか設定がダメすぎる。もう少し細かく2543万円とかにした方がいいよ。

 

 

『VALKYRIE DRIVE -MERMAID-』

いやらしいことをされていやらしい気分になると武器に変身してしまう女の子。

女の子が武器そのものに変わってしまうという設定がもう受け入れられないので脱落。

 

総括

 今期はケイゾク少なくてすみそうなので、dTVとdアニメでいろいろ再見できそうな予感。まだ観てない1期のを観て今期始まった二期のを追っかけることもできそう。

広告を非表示にする