読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

『Dimension W』 File.04 「八十神湖に潜む謎」 感想


スポンサーリンク

ホラーミステリー、かと思ったらまさかのエロス回。

 

エロス要員のミラ。

f:id:cosmosp:20160206161924j:plain

なんかどっかで観たことあるサービスエロだなあと思ってちょっと調べたらなんと絵コンテは『冴えカノ』エピソード0「愛と青春のサービス回」を担当した、かの亀井幹太氏ですよ。完璧なエロスです。はい。

 

ニューテスラのアルベルトによる依頼で、信州八十神湖で起きた殺人事件の調査を行うことになったキョーマとミラ。そこは、横溝正史の世界が広がっていた。いや、金田一少年の事件簿か・・・。

 

ロボットらしく無表情でいろ、と命令されるミラだが、変顔というかぶちゃくなるのが気になる。

f:id:cosmosp:20160211023544j:plain

 

ロリ金髪デビル登場。まるで、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードだ。

f:id:cosmosp:20160211023536j:plain

ミラがこの人どこかで?と疑問を覚える。二回目観た時に、ああルーザーの息子が変身してるから見覚えがあったのか!、と。もしかすると娘かもしれんけど。

 

ミラが次元Wへ入り込んでしまったのは理解できた。

しかしデータであって実体ではない。つまり、攻殻で言う電脳空間へと入り込んでしまったと言える。その次元は21年前の神木(榊)の支配する世界であった、というのは興味深かった。一回目ではちゃんと理解でなかったけど。

 

まあ説明が十分できていたとは思えない回であった。結局、原作にあたらないと補完できないのだろう。

 

 

広告を非表示にする