すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

『文豪ストレイドッグス』 第10話「 羅生門と虎」 感想


スポンサーリンク

文豪ストレイドッグス 第1巻 [Blu-ray]

人生万事塞翁が虎

 

※プライム会員の方は『文豪ストレイドッグス』シーズン1を¥0でご覧いただけます

 

Aパートで、太宰VS中也の遺恨マッチと駆け引きが展開されるも、元ポートマフィアの史上最年少幹部である太宰に軽くあしらわれてしまう。まあ敵同士でありながらも元は同じ組織にいた仲間ということで、ギャグパートがあったりして、あまり深刻な様子はなく、じゃれあってるだけだった。

 

Bパートでは、芥川VS敦の異能アクションバトル。こっちはガチ。やつがれが「異能の総合商店」過ぎて、敦に勝機はないように見えたが、繰り出す攻撃全てを身に受けながらも、超再生ですぐに復活する敦は無敵だった。おそらく、鏡花を救いたいという強い意志により、通常の3倍のスピードで再生していたのだろう。

 

芥川が戦闘中にも関わらず、「太宰さん、太宰さん、太宰さあぁぁああああん。」と心のなかで何度も叫んでて、そんなに太宰に認められたいのかよっ、となった。※ちなみに現実では、太宰が「芥川さん、芥川さん、芥川さあぁぁああああん。」と叫び続けてたわけですが・・・。

 

とまれ、鏡花たん、死ななくて良かったね!

 

新たなる敵

海外の文豪が登場し、舞台は世界へ!?

 

フィッツジェラルド櫻井孝宏で、もうロイヤル・ストレート・フラッシュが決まった感じ。

 

人生万事塞翁が虎

人生万事塞翁が虎

 

 

広告を非表示にする