読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

『鉄血のオルフェンズ』 第二十一話 「ビスケットの死」 約140文字感想


スポンサーリンク

第21話 還るべき場所へ

第21話 還るべき場所へ

 

 

戦闘シーンに魅力がないんだよね。こんなにつまらない脚本なんだから戦闘シーンくらいド派手にぶちかましてほしいんだけどいかんせん鉄がぶつかりあう音を出すだけで盛り上げた気になってるんだからもうどうしようもない。2期があるなら今からビームライフルを発明できたことにしちゃえよ。

 

ビスケットの死は死亡フラグがしつこいくらいに出ててもうお前らフラグ立てることしか考えてねーんだな。ビスケットが可哀想だろ、としか思わなかった。アキヒロ庇って弟死んだりクーデリア庇ってフミタン死んだりガリガリ庇ってアイン死にそうになったりクーデリア庇ってアトラぼこぼこにされちゃったり、とオルフェンズは「庇うこと」がテーマになっているのはわかるんだけど、ビスケットはオルガを庇ったのか?まあ庇ったと言えなくもないけど、逃げながら敵機に殺されちゃうより、オルガを庇って立ち向かっていった結果殺されちゃった方が良かったよな。まあこの程度の死では心は動かない。フミタンの時と同じく、オルフェンズの世界では、とてつもなく死が軽いんだよ。ほんと岡田麿里はファースト見なおして反省しろ。

 

※感想は書かないと言ったけど約140文字感想として適当に書き殴ることにしました。一応観た、という証として。

 

鉄血のオルフェンズ』はAmazonビデオで配信中!

 

広告を非表示にする