読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

『ガンダム Gのレコンギスタ』における年寄りのダサパープル問題


スポンサーリンク

 リアルタイム放映時は1クール終了まで我慢して観てたけどさすがにつまらなくて切った。

で、こないだ『機動戦士ガンダム』を一気観して、dアニメにあるガンダムはレコンギスタだけだったので、仕方なく残りを観ることにして、さきほど観了。

何が何だかほとんどわからなかったし、わかろうともしなかったけど、戦闘シーン見てるのは楽しかったよ。

主人公のガンダムがGセルフって最後まで覚えられなかったよ。

アルケインの方がかっこいいのに全然活躍してなくてアルケインと姫様の存在感まるでなかったよ。

とっちらかりすぎてる脚本

御大ももうお年なので、さすがに全体を俯瞰して見ることができなくなってるんだなあ、と。こんなとっちらかってる脚本、御大以外が書いたらアニメ業界永久追放ですよ。それくらい酷い。

何より、敵味方がわかりづらい。Zの時に、エゥーゴティターンズシロッコネオジオンの間で三つ巴の戦いがあったりしたけど、あれはまだやさしかった。今回は、敵国の名前を覚えるだけでも厳しい。特に後半に入って唐突に現れる月の裏側集団は情報量が少ないわ、最初から政府軍と反乱軍が存在してるわでもうしっちゃかめっちゃか。

しっちゃかめっちゃか、ですよ。

主人公軍が月の政府軍とくっついて、マスク軍が月の反乱軍とくっついて、とかしっちゃかめっちゃかですよ。

月の裏側で作られたMSはちょー強いのに、地球軍と手を組むの、まじ意味不明。しかも地球軍が両方共それらのMS使わせてもらったりして、意味不明。

とにかく一貫性がまるでない脚本。ひどい、ひどすぎる。これぞしっちゃかめっちゃかの見本のような脚本。

すみません、最後はしっちゃかめっちゃか言いたいだけになってしまいました。

後半は完全にBダッシュドーピング

1クールでダラダラしすぎた結果、2クール目の後半はもうBダッシュかけてドーピングしまくり。こんな拙速に物語を進行させていったら、そりゃまともなアニメファンは観るのやめますよ。ガンダムファンだってついていけない、というか、ついていきたくない。いや御大だから、という理由だけで最後まで見た人も多かったと思いますよ。もちろんそれらのファンを裏切るほど酷い脚本でしか御大は応えられなかったわけですが・・・。

年寄りのダサパープル問題

年取ると、紫が好きになるんですかね?

時折、街で紫頭のバアさん見かけますけど、御大も紫が好きなお年ごろなのか、まあ紫の機体やら戦艦やらが出てきてもーダサパープル問題勃発ですよ。

紫って目立つから一機でもうお腹いっぱいなんですよ。それと敵味方関係なく紫の機体や戦艦が出てきて何がなんだかわからなかったというね。いやそもそも誰と誰と誰が戦ってるのか、誰と誰と誰が敵味方なのかわかりづらかったので、子供に見てもらいたいのなら、せめてMSで色分けするくらいの親切心は出せよ、と。

総評

木(戦闘)だけ見ると面白いんだけど森(物語)を見るとやっぱりつまらない。

脚本に難ありというか、最初に書いたように全体を俯瞰してストーリーが考えられていないので、また見たくなるような魅力がない。

それと最初にアイーダの恋人が死んだくらいで、あとはほとんど人が死なないのもひどかった。御大も年を取られてあまり人を殺したくないらしいけど、さすがにベルリがいちいち人が死なないように気遣って戦っていたのはどーかと思う。またなんどもなんども、パイロットは助ける、みたいなことを戦闘中に言っててもーアボカドバナナかと。「哀しいけど、これ戦争なのよね。」ってスレッガー中尉に言わせた、あの時の自分を思い返してみろってんだ。と思ってたら最後の方になってばたばた人殺し始めるんだよね。一番ひどかったのは、月反乱軍の大将を無意味に殺したことだろう。Gレコで一番ひどかったのは、人の死がとても軽かった、ってことに尽きる。人を殺して鬱展開にもっていけたら成功なんだけど、死が軽いからぜんぜん感情を揺さぶられない。死をどう描くか、とかもう老い先短い御大にはどーでもいいことなんだろーなー、とがっかりした。

とまれ、戦闘シーンは見る価値あるけど、物語はほんとつまらないので理解する必要すらない。アイーダ姉弟のお話も中途半端だったし、ほんと最悪の脚本だった。二度と見ない。

いじょ。

広告を非表示にする