すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

『紅殻のパンドラ -GHOST URN-』 第5話「通信障害 -システム・ダウン-」 感想


スポンサーリンク

【電子版】紅殻のパンドラ(1)(角川コミックス・エース)

【電子版】紅殻のパンドラ(2)(角川コミックス・エース)

【電子版】紅殻のパンドラ(3)(角川コミックス・エース)

【電子版】紅殻のパンドラ(4)(角川コミックス・エース)

【電子版】紅殻のパンドラ(5)(角川コミックス・エース)

【電子版】紅殻のパンドラ(6)(角川コミックス・エース)

【電子版】紅殻のパンドラ(7)(角川コミックス・エース)

 

これはEDお気に入りの一コマ。

f:id:cosmosp:20160208032411j:plain

福音が寝ている横でクラリンは眠らずに充電待機している。二人の関係性をよく表してるとても素敵な画だ。

 

そして今回。

福音の横で目をつむらず横たわるクラリン。もちろん寝てはいない。アラームが鳴り福音を起こすのだが、それがちょーかわいかった。指で指をちょんちょんするだけ、とか。

f:id:cosmosp:20160208032108j:plain

 

朝起きてシャワーを浴びる二人。福音はQ.R.S.プラグに防水シールを貼らないとシャワーを浴びることすらできない。全身義体であるがゆえの不便さを描写している。『攻殻機動隊』では少佐が海に潜るシーンがあったが、『紅殻』はそれ以前の話なので、初期の義体化技術ではまだ防水対策は完璧ではないという設定なのだろう。しかしクラリンは完璧なシーリング対策をしているというので技術的には可能だが福音は対応前に義体化した可能性もある。

 

シャワーシーン。

全身義体だから規制の対象には入らない、って天才かよっ!当たり前と言えば当たり前なんだけど、謎の光線が出なかったのはちょっと驚いた。でも最終的には自然な流れで泡とか湯気で隠してはいたから問題ない。

f:id:cosmosp:20160208032104j:plain

 

Aパート感想へつづく!

広告を非表示にする