読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

駄作量産、糞映画スポンサーの木下グループなのに、「日本すごい」アニメの 『正解するカド』がなかなか面白い


スポンサーリンク

 

世界の終わりと始まり。
人類は「正解」できるのか。

全ては、想像を絶するファーストコンタクトから始まった。突如出現した謎の存在「カド」。
異常事態に翻弄される日本政府。そして世界の行方は、ひとりの交渉官(ネゴシエーター)に委ねられる——。
正解するカド』プロジェクトにはさまざまな才能が集結している。総監督はスタジオジブリ出身で『翠星のガルガンティア
監督の村田和也。シリーズディレクターには『コードギアス 亡国のアキト』演出の渡辺正樹。華のあるキャラクターデザインは、
マンガ『ヴァニシング・スターライト』(原作/Sound Horizon)などで人気を集める有坂あこ。
そして『カド』の作品世界を構築したのは、脚本を担当した小説家・野﨑まど。
野﨑は、小説『2』『know』などで知られる、次世代を担う注目のエンターテインメント作家だ。
制作は『楽園追放 -Expelled from Paradise-』など新たな企画に挑戦し続ける東映アニメーションが担当する。
謎の果てに待つ「正解」とは何なのか。そこには誰も見たことがない「未来」が刻まれている。

 

 

 

前日譚である第0話はAmazonプライムのみの配信です。

 

 

真道幸路朗(しんどう・こうじろう)は、外務省に勤務する凄腕の交渉官。
羽田空港で真道が乗った旅客機が離陸準備に入った時、空から謎の巨大立方体が現れる。
“それ”は急速に巨大化し、252人の乗った旅客機を飲み込んでしまう。
巨大立方体の名は「カド」。
カドより姿を現した、謎の存在・ヤハクィザシュニナは人類との接触を試みようとする。
カドに取り込まれた真道は、ヤハクィザシュニナと人類の間の仲介役を引き受けることになる。
一方、日本政府も国際交渉官の徭沙羅花(つかい・さらか)を代表として現場へ送り込む。
ヤハクィザシュニナとは何者か。そして彼の狙いは何か。

 

 

ザシュニナは『ガッチャマンクラウズインサイト』のゲルくん、思い出させるよね。

 

 

 

 

 

 

第5話までとても丁寧に話を進めていて、1クールで終わるんだろうか?と不安を覚えるけど、東映アニメ、木下グループで映画化も視野に入れてるとしたら、完結編は劇場で?

 

おすすめ度:9点★★★★★★★★★

 

日本すごい

「世界の終わりと始まり。人類は「正解」できるのか。」とあるけれど、「人類」ではなく、「日本人」が「正解」できるかどうかになっている。これも「日本すごい」の亜種だ。しかも総理大臣がかなり優秀で現実にはあり得ないような独断をしてしまう。※アメリカ様に相談しないであんな重要なことを決められるわけがなかろう・・・。

 

「日本すごい」がアニメ業界にも侵食しているのか、と思うと少しうんざりしてくるが、アニメも世相を反映するものと割り切れば悪くはない。

 

スケールが小さい

ハリウッドが大豪邸だとすると邦画は六畳一間である。そのスケールの差は歴然としているのだが、まさか想像力さえ駆使すればなんでも表現することが可能なアニメにおいても、小さくまとまってしまうとは、少し残念である。

 

一人の天才が大好きな日本人

『相棒』や『ドクターX』のように、一人の天才が事件を解決したり、命を救ったりするのが日本人は大好きだ。だからリアリティが欠如する。

 

このアニメにおいても、一人の天才科学者がワムの仕組みを、ザシュニナに導かれながらも解明してしまう。ハリウッド作品であれば科学者のドリームチームを結成し、問題解決にチャレンジしていく様子を見せるだろう。しかしこのスタッフも、邦画関係者同様、世界を見据えて物語を作っていないので、全人類を巻き込むような流れにはならない。日本人が日本人だけで全てを解決していくのを良しとしているのだ。これもまた日本すごいブームの弊害だろう。

 

壮大なスケールの物語を扱っているはずなのに世界が内向きに閉じている。日本は日本という国だけで完結すればいいのだ、という日本人の悪い側面が出てしまっている作品になっているのは、残念なことだ。

 

凄腕の交渉官(笑)

凄腕の交渉官とされる真道も、これまで大した交渉力を見せていない。凄腕というくらいなら、映画『交渉人』のサミュエル・L・ジャクソン VS ケビン・スペイシーくらいの高レベルなものを見せてくれないと納得できない。

 

 

さて、国連の決定に従いながらもワムの作り方を全世界に配信し拡散するという方法で反抗した日本政府の決定は、ザシュニナに導かれたものだ。つまり、日本人が正解を出したわけではない。そうなると物語の命題がぼやけてくるんだけど、今後整合性を取れるのだろうか?

 

ワムだけ与えられた日本人が自ら選択し、世界と交渉していく過程をザシュニナはただ見守る存在でないと、人類の成長物語にはならないと思うんだけど・・・。

 

とまれ、以前も書いたように、SFとアニメの親和性の高さを証明している作品になっているので、今後のSF的展開に期待して、続きを楽しみたい。

 

 

 いじょ。

 

 

広告を非表示にする