読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

『無彩限のファントム・ワールド』 第8話「猿温泉を突破せよ!」 約140文字感想


スポンサーリンク

 

京アニの人たちはストレスでも抱えてんのかな?と邪推してしまうほどの変態路線サービス回でした。テコ入れエロス回とも言えるかな。まあ第一話の志を取り戻してくれたということで、内容はほとんどなかったけど楽しめました。

 

晴彦がルル出汁ティーを飲んでしまった時点で、ド変態かよっ!って思わずツッコんじゃったけどな。

f:id:cosmosp:20160306024936j:plain

 

ファッション的には実質スク水回でした。

f:id:cosmosp:20160306025932j:plain

f:id:cosmosp:20160306025938j:plain

f:id:cosmosp:20160306025942j:plain

f:id:cosmosp:20160306025944j:plain

 

今回は熱さにやられる小糸が一番可愛かったです。

 

さて、『このすば』の圧勝で終わりそうな2016年冬アニメ戦線の中、京アニががんばってエロギャグコメディ回を作って対抗してみました、ということなんでしょうか?

 

脚本・構成・演出は悪くないのですが、なんというか真面目な人ががんばってお笑いに挑戦してみました、というイタさが見えて辛いんですよね。『このすば』のように振り切れてないし『監獄学園』のようにぎりぎりを攻めていくわけでもない中途半端な感じ。せっかくの温泉回だったわけだし、謎の光線入れまくりくらいのことをしてくれても良かったと思いますよ。猿がベロンて舐めたらいろいろ露出しちゃってもーお嫁に行けない、からの晴彦が嫁いでいく、とかさ。

 

くだらないって言えばくだらないので楽しく見たけど、爪あとは残せなかったかな、と。

 

 

広告を非表示にする