すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

『機動戦士ガンダムUC』 テレビシリーズが4月スタート


スポンサーリンク

 

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD]

episode 1 ユニコーンの日

 

 

mantan-web.jp

 

機動戦士ガンダムユニコーン』が、キッズのためにテレビアニメ化されるそうだ。発表に伴い、原作・福井晴敏氏もコメントを出している。

 

福井晴敏氏コメント|機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096

UCは「大人のためのガンダム」でしょ? なんで今さら子供に見せたいの……って言うか、子供受けする要素あると思ってんの? と、すかさず疑問を持たれたあなた、あなたはまったくもって正しい。昨今のマーケティング観点に従うなら、UCの今回の放送の仕方は無茶もいいとこという一方の見方はあります。

 

福井氏のコメントを一部引用したが、今回の放送の仕方は別に無茶でもなんでもないと思う。むしろ正しい。

 

しかし「大人のためのガンダム」と言われても賛同しかねる。ユニコーンは、ファーストガンダムに囚われた人々を解放するどころか、むしろ彼らをその井戸に閉じ込めた作品だからだ。

 

モビルスーツもキャラクターも、デザインは決して悪くなかったのに、ストーリーがファーストに匹敵するどころか、足元にも及ばなかった。4年間、企画の段階を入れればそれ以上の長期間に渡って制作された前代未聞のプロジェクトであったはずなのに、結局お前らこういうのが見たいんだろ?以外何もなかったからだ。これを「大人のためのガンダム」とは呼ばない。「大人になれなかった人々のためのガンダム」というべきだろう。

 

確かに円盤は売れた。しかしその事実は、単にファーストガンダムに囚われた人々を井戸に閉じ込めただけ、ということを証明したに過ぎない。御大を超えられなかった。いや超えようとしなかった。結果、ユニコーンは正統的な続編足りえなかった。世界線の違う、亜流のガンダムでしかなかったのだ。

 

テレビアニメ化決定により、オープニング、エンディングは新たに制作するというが、本編、特にエピソード7のフル・フロンタルのパートは大胆に改変するべきだろう。そう、『STEINS;GATE』のように別の世界線のお話を描くことにして、新しく作りなおせば良いのだ。OVAの物語的な失敗を取り戻す機会を活かさずして、「大人のためのガンダム」などと嘯くべきではない。

 

いじょ。

episode 1 ユニコーンの日
 

 

 

広告を非表示にする