読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

『魍魎の匣』 観了


スポンサーリンク

魍魎の匣 BD-BOX [Blu-ray]

魍魎の匣 BD-BOX [Blu-ray]

 

 

初放映時に8話くらいで録画失敗してそのままにしていたアニメを2016年になってようやくdアニメで観了。

 

京極夏彦作品、特に百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)は過去にはまっていたので、当然本作のアニメ化には興味を覚えて観たのだけれど、先に書いたとおり録画に失敗したので途中で挫折してしまった。当時はまだ小説の記憶が残っており、あまり良い印象を受けなかったことも覚えている。また実写版が大失敗したことから、映像化は難しいんじゃないの、という偏見を抱いてしまっていた。その当時から8年を経て、今回再見して思ったのは、あの超長編を全13話でよくまとめたな、ということ。うん、悪くない。

 

このシリーズは京極堂が登場してから加速度が増すのだけれど、アニメでもそれは見事に踏襲されている。第五話、関口と鳥口が京極堂を訪ねてからがどんどん面白くなっていくのでこの辺が原作ファンにも評価されている所以だと思う。

 

基本的には、アニメだけ観て満足することなく、原作をみっちり読んでもらいたい、という原作宣伝アニメ。そういう点でアニメはよく出来ているもののやはり物足りなかったのでせめて全25話くらいあったら良かったなあ、と。まあ円盤売れなくて他の百鬼夜行シリーズがアニメ化されることなく終わってしまったので、いろいろもったいない作品だった、と言えるかもしれない。

 

しかし、京極夏彦影響下の『化物語』シリーズが大ヒットしてるんだよね。やはり男だらけの百鬼夜行シリーズよりも、かわいい女の子がたくさん出てる物語シリーズの方が受けが良いのがわかるんだけど、ちょっと複雑・・・。でも、イケメン画なのでいま人気声優で固めたら人気出るんじゃねーの?とか思ったり。おそ松さんの例を出すまでもなく。

 

姑獲鳥の夏(1)【電子百鬼夜行】 姑獲鳥の夏(2)【電子百鬼夜行】

 

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】 魍魎の匣(2)【電子百鬼夜行】  魍魎の匣(3)【電子百鬼夜行】

 

 

広告を非表示にする