すうさいどみっしょん

A suicide mission is a task which is so dangerous for the people involved that they are not expected to survive.

アルドノア・ゼロ EPISODE.11 ”ノヴォスタリスクの攻防 -Wind, Snow and Stars-”


スポンサーリンク

ALDNOAH.ZERO 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ALDNOAH.ZERO 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

ALDNOAH.ZERO 2巻 (まんがタイムKRコミックス)

ALDNOAH.ZERO 3巻 (まんがタイムKRコミックス)

ALDNOAH.ZERO 4巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

A/Z 2nd Season 1巻

A/Z 2nd Season 2巻

A/Z 2nd Season 3巻

 

A/Z アンソロジーコミック 1巻

A/Z アンソロジーコミック 2巻

A/Z アンソロジーコミック 3巻

 

A/Z外伝 TWIN GEMINI 1巻 A/Z外伝 TWIN GEMINI 2巻

A/Z外伝TWIN GEMINI 3巻  A/Z外伝 TWIN GEMINI 4巻

 

”ノヴォスタリスクの攻防 -Wind, Snow and Stars-”

story_011_sub

アルドノア・ゼロの致命的な欠点

やっと戦闘シーンが出てきてちょっと満足した回。

 

で、気づいたんだけど、アルドノア・ゼロの致命的な欠点2つ目は、戦争を描けていない、ってこと。

 

火星と地球で戦争している感じがしないのよ。

 

ザーツバルム卿と姫さまの戦艦クルーの戦いであって、地球規模、というのがさっぱり見えてこない。いや描かれていないのだから見えてくるはずがないのだけれど、このままじゃほんと作品として失敗するとしか思えないのよね。

 

あと問題なのは、火星人がザーツバルム卿しか描かれていないこと。戦争なんだから部下がいて当然だし、もちろん部下はいるんだけど、その他大勢状態になってしまっているのよね。シャアにはいろいろな部下がいて、彼らにはちゃんと名前もあったのにね・・・。そうした理由から、ザーツバルム卿が私怨で一人暴走しているようにしか見えないので、共感を覚えることがない。最低限、腹心の部下たちには名前が必要じゃない?

 

A/Z|aLIEz(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

A/Z|aLIEz(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

 

 

広告を非表示にする